ととのうみすとが美肌菌をサポートってあるけど美肌菌って何?

 

ととのうみすとを使えば65種類の植物酵素で美肌菌をサポートしてくれるから美肌を目指せるってすごいじゃん!って思ってしまいましたが、そもそも美肌菌って何!?

 

 

美肌を作ってくれる菌ってことなんだろうけど、美肌菌のこといまいちよく分かっていない自分がいます…。

 

 

でも言われてみれば肌の菌活ってけっこう話題になっているんですよね。

 

 

そこで美肌菌について調べてみました。

 

 

美肌菌の正体は表皮ブドウ球菌

 

美肌菌とは人の肌に常にある菌のことで、この菌があるおかげで肌が良い状態に保っていられるんです。

 

つまり美肌菌の正体は善玉菌ってこと。

 

この善玉菌のことを美肌菌と呼んでいます。

 

 

じゃあその善玉菌の正体は何なの!?

 

65種類の植物酵素は善玉菌を増やすことができるの?

 

 

こういう疑問が生まれますが、善玉菌の招待は「表皮ブドウ球菌」です。

 

 

この表皮ブドウ球菌が肌に多くあると肌の状態を弱酸性に保ってくれて悪玉菌からの攻撃を防いでくれるので美肌を目指すなら美肌菌を多くした方がいい!ということなんです。

 

 

表皮ブドウ球菌の邪魔をする悪玉菌とは?

 

美肌を目指すなら表皮ブドウ球菌の状態をよくする(多くする)必要がありますが、表皮ブドウ球菌の邪魔をする悪玉菌というのが存在します。

 

 

美肌菌よりも悪玉菌の方が多くなればニキビや皮膚炎などの症状が現れてくるわけですが、この悪玉菌の正体が黄色ブドウ球菌です。

 

 

もし表皮ブドウ球菌よりも黄色ブドウ球菌の方が多くなると肌はいい状態を維持することができません。

 

 

なので美肌を目指すなら美肌菌である表皮ブドウ球菌の量を減らさないことが大事になってくるわけです。

 

 

美肌を目指すため表皮ブドウ球菌を増やすには?

 

肌の状態を維持するために表皮ブドウ球菌は欠かせない物ですが、悪玉菌である黄色ブドウ球菌よりも表皮ブドウ球菌を多くするにはやはり日々のケアが重要になってきます。

 

 

もちろんととのうみすとを使って植物酵素を肌に与えて上げるのも表皮ブドウ球菌を増やすのに効果的と言えます。

 

 

ただ表皮ブドウ球菌を増やすことを意識する前にまずは悪玉菌である黄色ブドウ球菌の量を増やさないことを意識する必要がありますよね。

 

いくら善玉菌を増やしても悪玉菌が多くなるようなことをしていれば本末転倒ですからね。

 

 

悪玉菌が増える原因はやはり肌にとってよくないことをしているということ!

 

例えば肌に刺激がある石油系の界面活性剤を使用したり、洗浄効果が高い成分で洗顔を繰り返していたり…。

 

 

ちょっとした意識で悪玉菌の増殖は防ぐことができますからね。

 

 

美肌を目指すためには美肌菌を多くすること!!

 

 

これを意識して美肌を目指すようにしてくださいね^^